Google MapsとLINEを使った現在地共有法

Google MapsとLINEを使った現在地共有法

main-img

待ち合わせなどで便利なGoogleMapsの「現在地の共有」という機能の使用方法について書きます。
この機能を使うと、iPhoneやAndroid端末の位置情報を利用し、自分が許可した時だけ相手のアプリ上に居場所を表示することができてとても便利です。

Google Mapsに関するお悩み解決にはこちらです。

以下ではLINEで共有する具体的な手順を書きます。



1.GoogleMapsを起動して画面の左上にあるメニューをタップして表示させます。2.「現在地の共有」を選び、説明が表示されたら「使ってみる」をタップします。


3.共有する時間を選ぶ画面が表示されるので、プラスのボタンとマイナスのボタンをタップして共有する時間を決めます。4.共有する時間を決めたら、次に共有方法を画面下から選ぶのですが、今回はLINEで共有したいので「その他」を選びます。


5.「マップで現在地が必要です」と表示されるので、「[設定]に移動する」をタップし、「位置情報」、「常に許可」の順にタップします。


6.5で位置情報の設定をしたあと、GoogleMapsに戻ると、共有する方法を選ぶ画面になるので、そこからLINEを選びます。

7.「送信先」の右の名前をタップして自分が現在地を共有したい相手を選べば完了です。

以上の手順で簡単に現在地を共有することができます。長時間その場にとどまって待ち合わせを行うのであれば、GoogleMapsの画面をスクリーンショットして送るなどすれば問題ありません。



しかし、例えばグループで待ち合わせをして、1人だけ遅れることになった時など、動きながらこまめに現在地を知らせる必要があるときなどは、上に書いた方法を使えば簡単に現在地を相手に知らせることができます。

難しくないGoogle Maps

subpage01

GoogleMapsを利用すると現在位置やスタート地点を設定してから目的地までの道順を検索出来る、目的地までの所要時間を知る事が出来るようになります。目的地までの所要時間は電車やバス、車、徒歩など色々な方法で検索が出来ますし、電車などの場合は検索した時刻から一番早い時間帯の電車の発車時刻を教えてくれるなどのメリットもあります。...

more

Google Mapsのサポート情報

subpage02

企業やショップのWebサイトでは、問い合わせ先の住所の他に地図を示してあることが珍しくありません。自分で簡単な地図を書いて載せる場合もありますが、地図を書くことが苦手な人もいるでしょう。...

more

Google Mapsの特徴

subpage03

GoogleMapsで横浜駅を検索すると、画面の中央に横浜駅が瞬時に表示されるようになります。この画面の時にルート・乗り換えボタンをクリックし、表示された画面内に目的地を設定すると、目的地までのルートや所要時間を表示してくれます。...

more

Google Mapsの事柄

subpage04

GoogleMapsを利用すれば今まで出掛けた事がない場所にもスムーズに辿り着けるメリットがあります。スマートフォンにも対応しているので、自宅などで地図を印刷せずに、いつも使っているスマートフォンでGoogleMapsを表示、現在位置と目的地を設定すれば最短距離で辿り着ける道順を表示してくれるなど、行動派の人々には欠かせないツールと言えましょう。...

more