Google Mapsなら経由地の設定も可能 - Google MapsとLINEを使った現在地共有法

Google Mapsなら経由地の設定も可能

subpage01

GoogleMapsを利用すると現在位置やスタート地点を設定してから目的地までの道順を検索出来る、目的地までの所要時間を知る事が出来るようになります。目的地までの所要時間は電車やバス、車、徒歩など色々な方法で検索が出来ますし、電車などの場合は検索した時刻から一番早い時間帯の電車の発車時刻を教えてくれるなどのメリットもあります。
また、GoogleMapsはスマートフォンにも対応しており、スマートフォンを利用すると現在位置から目的地までの間の渋滞情報、現在位置周辺のお店の検索やお店の混雑状況などをリアルタイムに表示してくれる機能があります。

Google Mapsに関するアドバイスです。

スタート地点から目的地までの間に、幾つかの場所を経由したい時などは複数の目的地を設定する事で、経由地までの所要時間や電車およびバスなどの時刻表を表示してくれるので、観光地などに出掛けた時などスマートフォンでGoogleMapsにアクセスを行えば知らない土地での移動などをスムーズに行えるようになります。

GoogleMapsを利用して複数の場所に立ち寄りながら目的地に行きたい時には、出発地点および到着地点を最初に設定します。



次に、経由地の追加を選択して経由地をそれぞれ地図上から検索を行ったり、住所などが分かる時には住所を記載、ターミナル駅などの場合は駅名、立ち寄る場所が有名な場所などの場合は地名や名称などを入力すれば良いのです。



経由地を選ぶ時には地図上で長押ししてドラッグすると順番を入れ替えてルート表示をしてくれるなどの使い方もあります。