Webサイトでも便利なGoogleのMaps - Google MapsとLINEを使った現在地共有法

Webサイトでも便利なGoogleのMaps

subpage01

企業やショップのWebサイトでは、問い合わせ先の住所の他に地図を示してあることが珍しくありません。
自分で簡単な地図を書いて載せる場合もありますが、地図を書くことが苦手な人もいるでしょう。

Webサイトに簡単に地図を載せたい時に、オススメなのがGoogleのMapsです。

GoogleのMapsは、スマートフォンやタブレットで場所を調べるためのツールです。このツールの魅力は、簡単に地図を表示することができるだけではありません。
地図を表示させた時のURLアドレスにWebサイトからリンクを貼ることが可能です。
Webサイトを閲覧した人は、リンクからGoogleのMapsを見ることができます。
全く知らない場所の場合、地図を見て現在地や目的地を把握することが大変です。

Google Mapsといえばこちらです。

しかし、GoogleのMapsならスマートフォンのGPSを使って自分の居場所を確認できるので安心です。



カーナビのように使って、目的地までアクセスすることもできます。
地図は、新しいビルが建ったりすると書き換える必要があります。場合によっては、年に何回も地図を書き換える必要がある企業やショップもあるでしょう。



しかし、GoogleのMapsは自動的に地図が常に更新されているので心配ありません。
写真などの周辺情報も定期的に更新されているので、安心です。Webサイトを運営する側にだけでなく、Webサイトに訪れる顧客にとっても利用しやすいでしょう。